ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

恋にはなまじ連れは邪魔

こいにはなまじつれはじゃま

恋を語らうには、なまじっか連れがいては邪魔で、二人っきりがよい。連れのいない方が水入らずで落ち着く。また、連れがへたにいると、その連れに恋人を横取りされるかもしれないし、あるいは、恋人がその連れの方を好きになってしまうかもしれないということ。