「ね」から始まることわざ(44件)


猫の目のよう

猫は三年の恩を三日で忘れる

猫糞を決め込む

猫も杓子も

鼠壁を忘る壁鼠を忘れず

寝た子を起こす
寝た子を起こす | andmorefine

寝た間は仏

寝ていて転んだ例はない

寝ていて人を起こすな
寝ていて人を起こすな | andmorefine

根掘り葉掘り

寝耳に水

寝耳へ水の果報

根も葉もない

寝る子は育つ
寝る子は育つ | andmorefine

寝る程楽はない

寝る間が極楽

根を立って葉を枯らす

年貢の納め時

念には念を入れよ

念の過ぐるは不念

念力岩をも通す

猫被り
猫被り | andmorefine

猫と庄屋に取らぬはない

猫に小判

猫の首に鈴

猫の手も借りたい

猫の前の鼠

猫を追うより皿を引け

猫を被る

鼠捕る猫は爪隠す

寝た牛に芥かくる

寝ていて転んだ例なし

眠い煙い寒い

寝るほど楽はない

拈華微笑

年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず

念力岩をも徹す

猫でも王様を見に行ける

年齢は愚かさから守られない

猫がいなければネズミの好き放題

猫は自分が誰の肉を食べたのか知っている

猫にはオモチャ、ネズミには涙

ネコはいつもマースレニッツァなわけではない

猫を追うより魚を除けよ