きめんひとをおどす

鬼面人を嚇す


鬼の顔のような見せかけの怖さで人を威嚇したり、びっくりさせたりすること。こけおどし。


聞いて極楽見て地獄
聞いて極楽見て地獄 | andmorefine
奇貨居くべし騎虎の勢樹静かならんと欲すれども風止まず木七竹八塀十郎雉も鳴かずば打たれまい狐の嫁入り昨日は今日の昔気の利いた化け物は引っ込む時分
気の利いた化け物は引っ込む時分 | andmorefine
鬼面人を嚇す九死に一生を得る
九死に一生を得る | andmorefine
窮鼠猫を噛む杞憂兄弟は他人の始まり
兄弟は他人の始まり | andmorefine
京の着倒れ大阪の食い倒れ今日の後に今日なし今日の一針明日の十針狂瀾を既倒に廻らす器用貧乏清水の舞台から飛び下りる麒麟の躓き切る手遅かれ琴瑟相和す錦上花を添える金時の火事見舞い漁夫の利義を見て為ざるは勇なきなり気が置けない木から落ちた猿危機一髪聞き上手の話し下手危急存亡の秋聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥聞けば聞き腹机上の空論疑心暗鬼を生ず傷口に塩機先を制する北に近ければ南に遠い来る者は拒まず騎竹の交わり吉凶は糾える縄の如し狐虎の威を藉る木に縁りて魚を求む杵で当たり杓子で当たる昨日は嫁、今日は姑鬼門久闊を叙する牛首を懸けて馬肉を売る九仞の功を一簣に虧く窮余の一策今日あって明日ない身拱手傍観今日できることを明日まで延ばすな橋頭堡京に田舎あり京の着倒れ、大阪の食い倒れ堯の子堯ならず今日の一針、明日の十針京の夢大阪の夢器用貧乏人宝旭日昇天の勢い玉石混淆義理と褌欠かされぬ義理張るより頰張れ騏驎の躓き騏驎も老いては駑馬に劣る岐路亡羊奇を衒う金烏玉兎槿花一日の栄金枝玉葉金城鉄壁金城湯池金石の交わり金蘭の契り苦あれば楽ありきしる門は長く保つ兄弟は兄弟に敵対する慶良間や見えゆしが睫毛や見えらぬ驚喜するウサギ金の枝に翡翠の葉キノボリトカゲが金を得る(そして、誇示する)綺麗なのは姿だけ、キスすりゃ臭う錐の嚢中に処るがごどし勤勉なしに、賞はない騎手が役に立たなければ、馬の責任
騎手が役に立たなければ、馬の責任 | andmorefine
キノコのピローグを食べても舌は歯の後ろにしまっておけ金曜日の下から土曜日がはみ出てるキノコだと名乗った以上は編み籠に入れ恐怖は何度もあるが、死は一度だけだ錐は袋に隠せない錐で海を温めようとするなキノコ雨今日の一字は明日の二字疑心暗鬼槿花一朝の夢朽索六馬を馭すきょう考えよ、明日語れ