くびくくりのあしをひく

首縊りの足を引く


無慈悲でむごたらしいこと。


食い物のあるのに鉄砲汁食うに倒れず病むに倒れる釘の裏を返す草木も眠る丑三つ時草腐しの雨は七日続く孔子の倒れ薬九層倍薬も過ぎれば毒になる薬より養生管を巻く
管を巻く | andmorefine
口から出れば世間口と財布は締めるが得口は禍の門
口は禍の門 | andmorefine
轡の音にも目を覚ます首ったけ首振り三年ころ八年
首振り三年ころ八年 | andmorefine
雲となり雨となる暗闇の猫は皆灰色苦しい時には親を出せ黒犬に噛まれて赤犬に怖じる食わず貧楽高枕食わせて置いて扨と言い鍬を担げた乞食は来ない君子危うきに近寄らず君子は豹変す葷酒山門に入るを許さず愚公山を移す軍者ひだるし儒者寒し食うことは今日食い、言うことは明日言え食うた餅より心持ち臭いもの身知らず腐っても鯛腐れ縁は離れず薬も過ぎれば毒となる管の穴から天を覗く管を以て天を窺う口先の裃口自慢の仕事下手口叩きの手足らず口では大阪の城も建つ口に栄耀身に奢り口に蜜あり腹に剣あり唇亡びて歯寒し口も八丁手も八丁靴を隔てて痒きを掻く苦肉の策国に盗人、家に鼠苦は楽の種首縊りの足を引く窪い所に水溜まる食らえどもその味わいを知らず苦楽は生涯の道連れ苦しい時の神頼み
苦しい時の神頼み | andmorefine
車の両輪車は海へ船は山へ暮れぬ先の提灯玄人はだし句を作るより田を作れ君子に三楽あり君子は義に喩り小人は利に喩る君子は和して同ぜず、小人は同じて和せず軍門に降る株を守る群羊を駆りて猛虎を攻む群盲象を評す子とや笑われゆしが銭とや笑わらぬ来る者は拒まず、去る者は追わず口が喋る前に七度舌を回らなければならぬ苦難の時には、悪魔は蝿を食べる苦労しなくては池から魚を釣りあげられない
苦労しなくては池から魚を釣りあげられない | andmorefine
首吊り自殺した人の家ではロープの話をするな
首吊り自殺した人の家ではロープの話をするな | andmorefine
熊の親切口は災いの元口から先に生まれる食わざればその味を知らず口八丁手八丁君子の三楽苦あれば楽あり楽あれば苦あり苦肉の計