いしをいだきてふちにいる

石を抱きて淵に入る


危険をおかして自ら災難を招くこと。


言うは易く行うは難し
言うは易く行うは難し | andmorefine
言いたい事は明目言え言い出しこき出し笑い出し言うは易く行うは難し家柄より芋茎家に無くてならぬものは上がり框と女房家に女房なきは火のない炉のごとし家に鼠国に盗人家貧しくて孝子顕る家貧しくして良妻を思う家を道端に作れば三年成らず怒りは敵と思え怒れる拳笑顔に当たらず毬栗も内から割れる
毬栗も内から割れる | andmorefine
生き馬の目を抜く行きがけの駄賃生きている犬は死んだライオンに勝る生きての恨み死しての嘆き生きの臭きは主知らず生き身は死に身衣錦の栄行く行くの長居り戦見て矢を矧ぐ生簀の鯉意見と餅はつくほど練れる諍い果てての乳切り木砂長じて巖となるいざ鎌倉石臼を箸に刺す石が流れて木の葉が沈む石に漱ぎ流れに枕す石に立つ矢石に布団は着せられぬ
石に布団は着せられぬ | andmorefine
石の上にも三年
石の上にも三年 | andmorefine
石橋を叩いて渡る石部金吉医者が取るか坊主が取るか医者寒からず儒者寒し医者上手にかかり下手
医者上手にかかり下手 | andmorefine
医者と味噌は古いほど良い医者の薬も匙加減医者の不養生衣食足りて礼節を知る意地張るより頼張れいすかの嘴出雲の神の縁結び出雲の神より恵比寿の紙何れ菖蒲居候の三杯目急がば回れ磯際で船を破る急ぐな休むな磯の鮑の片思い
磯の鮑の片思い | andmorefine
痛い上の針
痛い上の針 | andmorefine
痛くもない腹を探られる鼬の最後っ屈鼬のなき間の貂誇り痛む上に塩を塗る一瓜実に二丸顔一押し二金三男一か八か一芸は道に通ずる一期一会一合雑炊二合粥三合飯に四合団子五合牡丹餅六合粟餅一合取っても武士は武士一事が万事一日再び晨なり難し一度はままよ二度はよし一難去ってまた一難一に看病二に薬一日暖めて十日冷やす一日逢わねば千秋一日千秋の思い一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり一に褒められ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪ひく一念天に通ず一の裏は六一姫二太郎一富士二鷹三茄子一文吝みの百知らず一文銭で生爪はがず一文持って峠越すいちゃつきゃ踏つく一葉落ちて天下の秋を知る一陽来復
一陽来復 | andmorefine
一輪咲いても花は花一を聞いて十を知る一を知って二を知らず一攫千金一挙手一投足一挙両得一犬影に吠ゆれば百犬声に吠ゆ一刻千金一将功成りて万骨枯る一生添うとは男の習い一生徳利こけても三分一升徳利に二升は入らぬ一升の餅に五升の取り粉一寸先は闇一寸の光陰軽んずべからず一寸延びれば尋延びる一寸の虫にも五分の魂
一寸の虫にも五分の魂 | andmorefine
一石二鳥一銭を笑うものは一銭に泣く
一銭を笑うものは一銭に泣く | andmorefine
一朝一夕一刀両断一敗地に塗れる一匹の馬が狂えば千匹の馬も狂う鷸蚌の争いいつまでもあると思うな親と金いつも月夜に米の飯佚を以て労を待ついとしけりゃこそ、しとと打て田舎の学問より京の昼寝犬一代に狸一匹戌亥の夕立と伯母御の牡丹餅は来ぬためし無し犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ犬も歩けば棒に当たる犬も朋輩鷹も朋輩犬も他所負け猪も七代目には豕になる命あっての物種命長ければ恥多し命の洗濯井の中の蛙大海を知らず
井の中の蛙大海を知らず | andmorefine
茨垣を裸身で潜る韋編三度絶つ居仏が立ち仏を使う今鳴いた烏がもう笑う今の情けは後の仇
今の情けは後の仇 | andmorefine
今参り二十日芋の煮えたも御存じないいやいや三杯嫌じゃ嫌じゃは女の癖厭と頭を縦に振るいらつは恋の癖いらぬ物も三年経てば用に立つ入日よければ明日天気入船に良い風出船に悪い煎り豆と小娘は傍にあると手が出る入るを量りて出ずるを為す色男金と力はなかりけり色気より食い気色事は銘々稼ぎ色好みの果ては怪しき者にとまる色の白いは七難隠す色の世の中、苦の世界色は思案の外鰯網で鯨捕る鰯で精進落ち鰯の頭も信心から言わぬが花
言わぬが花 | andmorefine
言わぬ事は聞こえぬ言わぬは言うに勝る言わねば腹脹る言わねば腹膨る謂れを聞けば有難や夷を以て夷を制す殷鑑遠からず飲食男女は人の大欲いい後は悪い言い勝ち功名言うた損より言わぬ損が少ない家に鼠、国に盗人家の高いより床の高いがよい烏賊の甲より年の劫末の百両より今の五十両息の臭きは主知らず委曲を尽くす戦を見て矢を矧ぐ意見三両、堪忍五両石地蔵に蜂石に灸石に漱ぎ、流れに枕す石に花咲く石に布団は着せられず石の物言う世の中医食同源
医食同源 | andmorefine
石を抱きて淵に入る以心伝心急ぎの文は静かに書け痛いのは辛抱しても痒いのは辛抱できぬ戴く物は夏も小袖鼬の無き間の貂誇り韋駄天走り板に付く一言居士一樹の蔭一河の流れも他生の縁一度あることは二度ある一日千秋一人虚を伝うれば万人実を伝う一念岩をも徹す一富士、二鷹、三茄子一枚看板一脈相通ずる一も取らず二も取らず一利一害一気呵成一挙一動一見、旧の如し一瀉千里一笑に付す一炊の夢一石を投じる一殺多生一銭を笑う者は一銭に泣く一旦緩急あれば一擲乾坤を賭す一天万乗の君一得一失いつも柳の下に泥鰌はいない田舎に京あり犬が西向きゃ尾は東犬と猿犬に論語犬は人につき猫は家につく祈るより稼げ衣鉢を継ぐ衣鉢を伝う茨に棘あり今際の念仏誰も唱える芋頭でも頭は頭いらぬ物も三年たてば用に立つ炒り豆に花が咲く曰く言い難し言わぬことは聞こえぬ因果応報因果の小車慇懃無礼陰徳あれば必ず陽報あり石に針石が浮かんで木の葉が沈む1コペイカのろうそくでモスクワは焼け落ちた一樹の蔭行く言葉が柔らかくてこそ、来る言葉も柔らかい意地ぬ出じれー手ー引ち手ーぬ出じれー意地引ち家で食し屋根で糞するいいことを学ぶのに千日あっても足りないが、悪いことを学ぶのにちょっとの時間で事足りる一犬吠形百犬吠聲泉よ、おまえの水は飲まない、といってはならない一羽の燕が春をもたらすのではない一スーは一スー一度はゼロ度一円を笑う者は一円に泣くいい言葉を聞けば猫だってご機嫌になる家では壁まで助けてくれる
家では壁まで助けてくれる | andmorefine
井戸につばを吐くな。いつかは飲む時が来る急ぐ者は笑い者になる犬は犬死にするものだ痛いところがある人は、そのことを口に出すものだ衣食足りて栄辱を知る一方の足はこっち、もう一方はあっち犬が吠え、風が伝える、だがキャラバンは進む一犬虚に吠ゆれば万犬実を伝う一日の計は晨にあり、一年の計は春にあり一事を聞いて十事を知る一を聞いて十を悟る一天の君命の洗濯水いらず命の土用干し炒り豆に花一念岩をも通す胃が足を運ぶ石に齧りついても井戸がかれるまでは水のありがたさがわからない