もんぜんいちをなす

門前市を成す


あたかも門の前に市場ができたかのように、人や車馬が集まってくること。名声などを慕って訪問する人が多い様子。


燃え杭には火が付き易い百舌勘定餅は粉で取れ持つべきものは子
持つべきものは子 | andmorefine
本木にまさる末木なし本の一分は末の一丈元の鞘へ収まる元の木阿弥求めよさらば与えられん元も子も失う物言えば唇寒し秋の風物種は盗むとも人種は盗まれず物にも時節物は考えよう桃栗三年柿八年文殊も知恵のこぼれ門前市を成す門前雀羅を張る盲亀の浮木孟母断機燃えついてからの火祈祷燃える火に薪を添う餅は餅屋沐猴にして冠す持ったが病物には時節紅葉を散らす貰う物は夏も小袖門前の小僧習わぬ経を読むもし薔薇ならば咲くだろうモン人は戒律、タイ人は説法、ビルマ人はアビダルマモスクワは涙を信じないもう昔の話だし、でたらめだ求めなさい、そうすれば得られる森を開けば木っ端が飛び散る持っているものは大切にせず、失ったものを嘆く
持っているものは大切にせず、失ったものを嘆く | andmorefine
茂林の下豊草無し