めやみおんなにかぜひきおとこ

目病み女に風邪引き男


目をわずらっている女は、そのうるんでいる目が色っぽく見え、風那を引いて喉に白い布を巻いた男のようすは粋に見えて、ともに魅力的である、ということ


明鏡も裏を照らさず命は天に在り命を知るものは天を怨みず雌牛に腹突かれる盲の探り当て目で殺すは殺生の他目で目は見えぬ目のあるだけ不覚目の正月目は毫毛を見るも睫を見ず目細あれど口細なし目病み女に風邪引き男雌鶏歌えば家滅ぶ面壁九年面々の蜂を払う面々の楊貴妃明鏡止水妻いとしの子いとし冥途の道には王なし目から鱗が落ちる目から鼻へ抜ける目糞鼻糞を笑う目高も魚のうち目には青葉、山時鳥、初鰹目の寄る所へは玉も寄る目は口ほどに物を言う
目は口ほどに物を言う | andmorefine
雌鶏うたえば家滅ぶ面皮を剝ぐ
面皮を剝ぐ | andmorefine
面目躍如目には目を、歯には歯を命令は命令だ目から遠くなると、心に近くなる妻いとおしの子いとおし目の保養