ぜんしゃのくつがえるはこうしゃのいましめ

前車の覆るは後車の戒め


前を行く車がひっくり返るのを見て後の車が注意するように、先人の失敗は後人の戒めになるということ。


青雲の志精神一到何事か成らざらん急いては事を仕損じる青天の霹靂盛年重ねて来たらず堰かれて募る恋の情席暖まるに暇あらず赤貧洗うが如し節季の風邪は買ってもひけ切磋琢磨殺生は八分の損、見るは十分の損背に腹は代えられぬ瀬を踏んで淵を知る千金の裘は一狐の腋に非ず千金の子は市に死せず千金は死せず百金は刑せられず千金を買う市あれど一文字を買う店なし千載一遇千丈の堤も螻蟻の穴を以て潰ゆ千人の諾々は一子の諤々に如かず千の倉より子は宝先鞭をつける千万人と雖も吾往かん千羊の皮は一狐の腋に如かず千里の行も足下より始まる千里も一里千慮の一失銭ある時は鬼をも使う銭あれば木仏も面を返す銭なしの市立ち銭は足なくして走る
銭は足なくして走る | andmorefine
前車の覆るは後車の戒め前轍を踏む善は急げ膳部揃うて箸を取れ井蛙の見井蛙は以て海を語るべからず成蹊晴好雨奇晴耕雨読聖人に夢なし清濁併せ呑む生を偸む積悪の家には必ず余殃あり石上五穀を生ぜず積善の家には必ず余慶あり世間の口に戸は立てられぬ切匙で腹を切る席巻雪上霜を加う雪駄の裏に灸雪駄の土用干し雪中の松柏雪隠詰め雪隠で饅頭雪隠の錠前窃鈇の疑い背に腹は替えられぬ是非は道によって賢し背より腹善悪は水波の如し善悪は友による
善悪は友による | andmorefine
千言万語千石万石も米五合前車の轍を踏む千秋楽千畳敷に寝ても畳一枚前代未聞栴檀は双葉より芳し先手は万手船頭多くして船山へ登る千日の勤学より一時の名匠善には善の報い、悪には悪の報い先入、主となる仙人の千年、蜉蝣の一時千人の指さす所病なくして死す善の裏は悪前門の虎、後門の狼千里の堤も蟻の穴から千里の道も一歩から
千里の道も一歩から | andmorefine
成功程、成功するものはなし仙人の猿飼い善の小なるを以って為さざること勿かれ選択を行うものは、苦痛を味わう
選択を行うものは、苦痛を味わう | andmorefine
詮索好きなワルワーラは市場で鼻をもぎ取られた井蛙井魚は与に大を語るべからず千丈の堤も蟻の一穴千古不易