したのつるぎはいのちをたつ

舌の剣は命を絶つ


不用意なことばの過ちのために、自分の生命さえも失うことがあるということ。また、悪意のある風評を流されて、一生を台なしにされることがあることにもいう。


仕上げが肝心思案の案の字が百貫する志学色欲は命を削る斧なり獅子の子落とし賎に恋なし死生命あり士族の商法親しき仲に礼儀あり舌の剣は命を絶つ七細工八貧乏七人の子をなすとも女に心許すな七年の病に三年の艾を求む死中に活を求める
死中に活を求める | andmorefine
知ったが病失敗は成功の本櫛風沐雨舐犢の愛死に別れより生き別れ死ぬ者貧乏
死ぬ者貧乏 | andmorefine
鎬を削る士は己を知る者の為に死す四百四病より貧の苦しみ四面楚歌尺を枉げて尋を直くす尺蠖の屈するは伸びんがため衆寡敵せず修身斉家治国平天下春宵一刻値千金春眠暁を覚えず雌雄を決す小忍ばざれば則ち大謀を乱る小心翼翼正直貧乏横着栄耀小事に拘わりて大事を忘るな掌中の珠小敵と見て侮る勿れ少年よ大志を抱け小の虫を殺して大の虫を助ける商売は草の種商売は道によって賢し勝負は時の運将を射んとせば先ず馬を射よ小を捨てて大に就く食指が動く食なき者は職を選ばず初心忘るベからず知らざるを知らざると為せ是知るなり知らぬが仏
知らぬが仏 | andmorefine
知らぬは亭主ばかりなり白羽の矢が立つ詩を作るより田を作れ信言は美ならず身体髪膚之を父母に受く心頭を滅却すれば火も亦涼し
心頭を滅却すれば火も亦涼し | andmorefine
親は泣き寄り他人は食い寄り辛抱する木に金がなる
辛抱する木に金がなる | andmorefine
辛抱は金挽臼は石地獄で仏地獄の沙汰も金次第児孫の為に美田を買わず地団駄を踏む弱肉強食十時上がりに傘離すな十年一昔柔能く剛を制す順風満帆城下の盟上戸に餅下戸に酒上戸は毒を知らず下戸は薬を知らず上手の手から水が漏る上手昔より上手ならず仁者に敵なし人事を尽くして天命を待つ人生意気に感ず迅雷耳を掩うに暇あらず進退谷まる守株シーザーの物はシーザーに四海兄弟鹿の角を蜂が刺す鹿を逐う猟師は山を見ず鹿を指して馬となす自業自得地獄で仏に会ったよう地獄の上の一足飛び地獄も住み処死しての千年より生きての一日獅子に牡丹蜆貝で海を量る私淑自縄自縛支証の出し遅れ爾汝の交わり沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり地蔵の顔も三度地蔵は言わぬが我言うな親しき仲にも礼儀あり舌の剣は命を断つ舌の根も乾かぬうち舌は禍の根七十の三つ子七度探して人を疑え七夜のうちの風邪は一生つく疾風に勁草を知る十遍読むより一遍写せ尻尾を出す死にがけの念仏
死にがけの念仏 | andmorefine
死に水を取る死人に口なし
死人に口なし | andmorefine
死人に妄語駟馬も追う能わず渋柿が熟柿に成り上がる渋柿の長持ち自分の盆の窪は見えず駟も舌に及ばず蛇が出そうで蚊も出ぬ釈迦に説法杓子で腹を切る杓子は耳搔きにならず尺も短き所あり、寸も長き所あり車軸を流す弱冠蛇の道は蛇蛇は寸にして人を吞むしゃべる者に知る者なし十月の投げ木習慣は第二の天性なり秋毫十三日の金曜日秋霜烈日十読は一写に如かず舅の物で相婿もてなす姑に似た嫁十人十色重箱に煮締め十八後家は立つが四十後家は立たぬ秋波を送る十分はこぼれる自由を与えよ、しからずんば死を与えよ雌雄を決する儒者の不身持ち出藍の誉れ朱に交われば赤くなる春日遅遅春秋高し春秋に富む春秋の筆法春風駘蕩小異を捨てて大同につくしょう事なしの米の飯上戸めでたや丸裸正直の儲けは身に付く小事は大事生者必滅会者定離霄壌の差小人閑居して不善をなす小人罪なし璧を懐いて罪あり上手な嘘より下手な実意上手の猫が爪を隠す上手の手から水が漏れる冗談から駒が出る笑中に刀あり少年老い易く学成り難し少年学ばざれば老後に知らず
少年学ばざれば老後に知らず | andmorefine
商売往来にない商売松柏の操正法に不思議なし証文の出し遅れ醬油で煮しめたよう升を以て石を量る諸行無常食牛の気職人貧乏人宝蜀犬日に吠ゆ序破急知らぬ顔の半兵衛知らぬ道も銭が教える尻が割れる知る者は言わず言う者は知らず次郎にも太郎にも足りぬ吝ん坊の柿の種仁者は山を楽しむ心中より饅頭人生僅か五十年進退これ谷まる心胆を寒からしめる沈丁花は枯れても香し心頭を滅却すれば火も自づから涼し心腹の友深謀遠慮人面獣心死んでないやつには、まだチャンスがある仕事ばかりで遊びがないと、ジャックは愚か者になる首里人や揃い揃い、那覇人や汝走い走い、久米村人やくん転ばせ銭せぞ、銭や儲けらる主人を選ぶカエル靜にみれば物皆自得す鹿を逐う者、山を見ず自分の頭より高くは跳べない自分の顔が歪んでいるなら鏡に腹を立てるな
自分の顔が歪んでいるなら鏡に腹を立てるな | andmorefine
真実は目に痛い自分の荷物は重くない自分のシャツが身体に一番近いしらふの頭の中にあるものは、酔っぱらいの舌の上にあるシチーとカーシャはわれらの糧舌がキエフに連れて行く十回伐って倒れない木はない釈迦に経釈迦に説法、孔子に悟道食欲は食事の時に湧く自分の巣穴ではネズミもライオン気取り七面鳥も考えていたが結局はスープに入った仕事は狼ではないから森に逃げたりしない七人は一人を待たず舌に骨なし舌を使っておしゃべりしても、腕に意志を与えるな障子に目舅の酒で相婿もてなす冗談から駒小の虫を殺して大の虫を生かす正法に奇特なし七転八起士別れて三日なれば、即ち更に刮目して相待すべし車軸を下す車軸を降らす上手な偽りより下手な誠真理の矢を投げるなら、その先端を蜜に浸せ四海同胞自腹を切る春蘭秋菊倶に廃すべからず笑中に刃を研ぐ