さかなはうみにいくらでもいる

魚は海に幾らでもいる


機会を一度逃がしても落胆するなという意。


塞翁が馬歳月人を待たず才子才に倒れる才子多病采薪の憂い賽は投げられた財布の紐を首に掛けるよりは心に掛けよ魚は海に幾らでもいる魚は殿様に焼かせよ餅は乞食に焼かせよ酒屋へ三里豆腐屋へ二里先立つものは金先んずれば人を制す桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿
桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿 | andmorefine
酒と朝寝は貧乏の近道酒なくて何の己が桜かな酒飲み本性違わず酒は憂いの玉箒酒は愁を掃う玉箒酒は飲むとも飲まるるな酒は飲むべし飲むべからず酒は百薬の長囁き千里匙を投げる里腹三日鯖の生き腐り去り跡へ行くとも死に跡へ行くな猿も木から落ちる去る者は日々に疎し触らば落ちん風情三寒四温三十六系逃げるに如かず三代続けば末代続く山中の賊を破るは易く心中の賊を破るは難し山中暦日無し三度目の正直三人子持ちは笑うて暮らす三年経てば三つになる秋刀魚が出ると按摩が引っ込む山路が笛財少なければ悲しみ少なし座して食らえば山も空し災害は忘れた頃にやってくる歳寒の松柏細工貧乏人宝彩ずる仏の鼻を欠く済世の志賽の河原鷺と烏鷺を烏と言いくるめる桜三月、菖蒲は五月桜は花に顕る酒極まって乱となる酒に別腸あり酒は古酒、女は年増酒は諸悪の基酒は天の美禄酒は百毒の長雑魚の魚交じり寒さ小便、ひだるさ欠伸座右の銘皿嘗めた猫が科を負う猿が仏を笑う猿知恵
猿知恵 | andmorefine
猿に烏帽子猿に絵馬猿に木登り猿の尻笑い猿の水練、魚の木登り猿の空虱猿の人真似猿は人間に毛が三筋足らぬ去る者は追わず、来る者は拒まず去る者は日日に疎し触らぬ神に祟りなし触り三百山雨来らんと欲して風楼に満つ三歳の翁、百歳の童子三十六計逃げるに如かず山椒は小粒でもぴりりと辛い三寸の舌に五尺の身を亡ぼす
三寸の舌に五尺の身を亡ぼす | andmorefine
三度の火事より一度の後家三度目は定の目三人寄れば文殊の知恵
三人寄れば文殊の知恵 | andmorefine
触れぇ三貫、取れぇ十縄最後に笑う者が、最もよく笑う魚は頭から腐る山賊の罪を海賊があげる鷺を烏酒は憂いを払う玉箒酒に三十五の失あり酒に三十六種の罪あり三十六計走るを上計となす去る者は追わず三枝の礼猿は人間に毛が三本足らぬ斎戒沐浴細工は流流仕上げを御覧じろ財布の底と心の底は人に見せるな才色兼備