おとこはにじゅうごのあかつきまでそだつ

男は二十五の暁まで育つ


男は、二十五歳くらいまで成長期であるということ。


老い木に花咲く
老い木に花咲く | andmorefine
お家がらがら老い木は曲がらぬお医者様でも草津の湯でも老いたる馬は道を忘れず追風に帆を上げる老いては子に従え応接に暇あらず負うた子に教えられて浅瀬を渡る負うた子より抱いた子負うた子を三年探すお乳母日傘大男総身に知恵が回りかね大風が吹けば桶屋が儲かる大川に水絶えず大きな家には大きな風大木の下に小木育たず大費いより小費い大掴みより小掴み大鍋の底は撫でても三杯置かぬ棚を探す陸へ上がった河童傍目八目起きて働く果報者起きて半畳寝て一畳屋烏の愛お志は有難いが御心底が恐ろしい
お志は有難いが御心底が恐ろしい | andmorefine
騎る平家は久しからずお先棒を担ぐ押し付けた縁は続かぬおじが甥の草を刈るおじを見ると荷が重い遅牛も淀早牛も淀遅かりし由良之助煽てと畚には乗り易い煽てと畚には乗るな落ち武者は薄の穂にも怖ず落ちれば同じ谷川の水男心と秋の空男の目には糸を張れ、女の目には鈴を張れ男は敷居を跨げば七人の敵あり男は度胸、女は愛敬男は二十五の暁まで育つ男は裸百貫男やもめに蛆がわき女やもめに花が咲く驚き桃の木山椒の木同い年夫婦は火吹く力もない同じ穴の狢鬼が出るか蛇が出るか鬼に金棒
鬼に金棒 | andmorefine
鬼に瘤を取られる鬼の居ぬ間に洗濯鬼の霍乱鬼の首取ったよう鬼の空念仏鬼の目にも涙鬼の目にも見残し尾に鰭付ける鬼も十八番茶も出花鬼も頼めば人食わぬ己の頭の蠅を追え己の欲せざる所は人に施す勿れ
己の欲せざる所は人に施す勿れ | andmorefine
己を以て人を量る斧を掲げて淵に入る斧を研いで針にする尾羽打ち枯らす伯母の牡丹餅と乾夕立の来ぬことはないお髭の塵を払う帯に短し襷に長しおぶえば抱かりょう思し召しより米の飯溺れる者は藁をも掴むお前百までわしゃ九十九までお神酒上がらぬ神はない思い内にあれば色外に現る思い面瘡思われ面皰思い立ったが吉日思う事言わねば腹脹る思う仲に公事さすな思う仲に口さすな思う仲には垣をせよ思う仲のつづり諍い思う仲は涼しい思うに別れて思わぬに添う思う人には遠ざかり思わぬ人のしげしげ思う人は絆となる思えば思わるる思えば呪う
思えば呪う | andmorefine
重荷に小付け親思う心に勝る親心親が親なら子も子親が死んでも食休み親苦子楽孫乞食親子の仲でも金銭は他人親子は一世親擦れより友擦れ親と月夜はいつも良い
親と月夜はいつも良い | andmorefine
親に似ぬ子は鬼子親に目なし親の甘茶が毒となる親の意見と茄子の花は千に一つも仇はない親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はない親の意見と冷や酒は後で利く親の因果が子に報う親の恩は子で送る親の心子知らず
親の心子知らず | andmorefine
親の十七子は知らぬ親の脛を噛る親の光は七光り親の欲目親は親子は子親はなくとも子は育つ
親はなくとも子は育つ | andmorefine
親馬鹿子馬鹿及ばぬ恋の滝登り及ばぬ恋は馬鹿がする俺は言わぬがわれ言うな負わず借らずに子三人終わり良ければすべて良し尾を振る犬は叩かれず女氏無くして玉の輿に乗る女心と秋の空女賢しうして牛売り損う女三人寄れば姦しい女と酒には毒がある
女と酒には毒がある | andmorefine
女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る女の一念岩をも通す女の髪の毛には大象も繋がる女の知恵は後へ回る女の知恵は鼻の先
女の知恵は鼻の先 | andmorefine
女の望みは神の望み女は三界に家なし女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄乳母日傘隠密の沙汰は高く言え陰陽師身の上知らず恩を仇で返す親子の中でも金銭は他人お医者様でも草津の湯でも惚れた病は治りゃせぬ追風に帆を揚げる老いの一徹老いの学問大男の殿大河を手で堰く大きい薬缶は沸きが遅い大木の下に小木育つ大阪さかいに江戸べらぼう大遣いより小遣い大摑みより小摑み大取りより小取り大船に乗ったよう大風呂敷を広げる大家と言えば親も同然店子と言えば子も同然陸に上がった河童置かぬ棚をも探せ起きて半畳、寝て一畳沖な物あて屋上屋を架す屋漏に愧じず驕る平家は久しからず遅くとも、しないよりはましおだをあげる驚き、桃の木、山椒の木同じ釜の飯を食う鬼にもなれば仏にもなる鬼の首を取ったよう己を虚しゅうす帯に短しく襷に長しお百度を踏む負ぶえば抱かりょう溺れる者は藁をも摑む思い半ばに過ぐ思う念力岩をも徹す
思う念力岩をも徹す | andmorefine
重荷に小づけ泳ぎ上手は川で死ぬ及ばぬ鯉の滝登り終わりよければすべてよし温故知新女の心は猫の目女は氏無うて玉の輿に乗る
女は氏無うて玉の輿に乗る | andmorefine
女は己を説ぶ者の為に容づくる商いは草の種聞いた百文よりも見た一文恩を以て怨みに報ず老いの手習い親船に乗ったよう鸚鵡よく言えども飛鳥を離れず踊り下手を、笛のせいにし、太鼓のせいにする慮らずんば胡ぞ獲ん、為さずんば胡ぞ成らん同じ羽根の鳥は生まれないおばあさん、ユーリの日だよおでこより高いところに耳は生えてこない贈られた馬の歯は調べないものだお昼ごはんには匙が大切狼はどんなに飼い馴らしても森ばかり見るオオカミと暮らすならオオカミのように吠えろおばあちゃんにイチモツがついていたらおじいちゃんだったのになあ御山の大将驚いたカラスは茂みを恐れる老いたる馬は溝に躓かずおせっかいなバカは敵より危険起こることは避けられないこと鬼の来ぬ間に洗濯鬼の留守に洗濯負んぶすれば抱っこ負んぶに抱っこ思い立つ日が吉日思い立つ日を吉日鬼に鉄杖鬼に金梃親の目は贔屓目鬼の中にも仏が居る
鬼の中にも仏が居る | andmorefine