ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

大鍋の底は撫でても三杯

おおなべのそこはなでてもさんばい

大鍋の底に残ったものは、撫でてよそってもまだ三杯はあるの意で、規模が大きいと、その一部だけでも驚くほど大きいことのたとえ。