ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

恨みほど恩を思え

うらみほどおんをおもえ

恨みという感情は強烈であり、人はなかなかこれを忘れない。ところが恩義を受けたことは忘れがちである。恨みを忘れないように恩を忘れるな、ということ。