うみうおはらからかわうおせから

海魚腹から川魚背から


魚を割くとき、海の魚は腹から割き、川の魚は背から割くのがよいということ。


魚心あれば水心
魚心あれば水心 | andmorefine
有為転変の世の習い憂いも辛いも食うての上飢えては食を択ばず
飢えては食を択ばず | andmorefine
上には上がある魚が水を得たよう魚心あれば水心うかうか三十きょろきょろ四十浮き川竹浮き沈み七度浮世の苦楽は壁一重浮世は牛の小車鶯鳴かせたこともある有卦に入る烏合の衆雨後の筍兎も七日なぶれば噛み付く兎を見て犬を呼ぶ牛に引かれて善光寺参り牛の歩みも千里牛の角を蜂が刺す牛は牛連れ馬は馬連れ牛も千里馬も千里後ろ髪を引かれる後ろ千両前一文後ろに柱前に酒牛を馬に乗り換える氏無くして玉の輿氏より育ち嘘から出た実嘘つきは泥棒の始まり嘘も方便嘘を言うと閻魔様に舌を抜かれる歌は男女の仲を和らぐ歌は世に連れ世は歌に連れ歌物語の歌忘れ打たれても親の杖内兜を見透かす内から燃やし外から煽ぐ内で掃除せぬ馬は外で毛を振る内裸でも外錦内弁慶外すばり内孫より外孫打つも撫でるも親の恩独活の大木鵜の真似する烏鵜の目鷹の目産屋の風邪は一生つく旨い事は二度考えよ旨い物食わす人に油断すな旨い物は小人数旨い物は宵に食え馬に乗るまでは牛に乗れ馬には乗ってみよ人には添うてみよ馬の耳に念仏馬も買わずに鞍買う馬痩せて毛長し生まれながらの長老なし馬を牛に乗り換える海魚腹から川魚背から海に千年山に千年生みの親より育ての親
生みの親より育ての親 | andmorefine
梅一輪一輪ずつの暖かさ埋もれ木に花咲く烏有に帰す裏には裏がある怨み骨髄に入る怨みに報ゆるに徳を以てす恨みほど恩を思え売り家と唐様で書く三代目売り言葉に買い言葉瓜に爪あり爪に爪なし瓜の皮は大名に剥かせよ柿の皮は乞食に剥かせよ瓜の蔓に茄子はならぬ漆は剥げても生地は剥げぬ烏鷺の争い浮気と乞食は止められぬ噂は遠くから噂をすれば影が差す運根鈍生んだ子より抱いた子雲泥の差運は天に在り運否天賦運を待つは死を待つに等し
運を待つは死を待つに等し | andmorefine
魚心あれば水心あり魚を得て筌を忘る羽化登仙雨奇晴好兎も七日なぶれば噛みつく牛売って牛にならず後ろに目なし虎子地に落ちて牛を食らうの気あり薄紙を剝ぐよう臼から杵打たねば鳴らぬ内に省みて疚しからず内の米の飯より隣の麦飯家の前の痩せ犬打てば響く腕を拱く烏兎匆匆独活の煮え太り優曇華の花鵜の真似をする烏旨い物は腹にたまる生まれたあとの早め薬海魚腹から、川魚背から海千山千海の事は漁師に問え梅に鶯売られた喧嘩は買わねばならぬ瓜の皮は大名に剝かせよ柿の皮は乞食に剝かせよ瓜二つ憂いを掃う玉箒運は天にあり疑わしきは被告人の利益に訴えがなければ裁判はない飢えは叔母さんではないからピロシキをくれたりしない乳母が7人いると子供に目が行かなくなる動かぬ石の下に水は流れない馬を憐れんだ狼が、尻尾とたてがみだけ食べ残してやったウリータは行く、そのうちに着く飢えたるときは食を択ばず打たぬ鐘は鳴らぬ兎も三年なぶりゃあ食いつく運は天にあり牡丹餅は棚にあり生みの子より育ての子海腹川背馬に乗るとも口車に乗るな
馬に乗るとも口車に乗るな | andmorefine