ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

浮世の苦楽は壁一重

うきよのくらくはかべひとえ

この世の苦楽は隣り合っていて変転極まりないものであるから、苦境にあっても悲観することなく、楽境にあっても楽観は禁物であるという教え。