ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

色の世の中、苦の世界

いろのよのなか、くのせかい

世の中というのはその大半が色恋沙汰と人生苦とで成り立っている。それほど色恋が人の生活の中に占める割合は大きい。