りょうやくはくちににがくちゅうげんはみみにさからう

良薬は口に苦く忠言は耳に逆らう


忠告の言葉は素直に聞きづらいが、自分の役に立つということ。

良薬は口に苦く忠言は耳に逆らう | andmorefine

李下に冠を正さず律義者の子沢山
律義者の子沢山 | andmorefine
理詰めより重詰め離別の後の悋気竜虎相搏つ竜頭蛇尾竜の鬚を蟻が狙う竜馬の躓き粒々辛苦凌雲の志燎原の火両手に花良薬は口に苦し林間に酒を煖めて紅葉を焼く臨機応変悋気嫉妬も正直の心より起こる悋気は女の七つ道具綸言汗の如し梨園理屈上手の行い下手理屈と膏薬はどこへでも付く利口の猿が手を焼く理に勝って非に落ちる溜飲が下がる流水腐らず、戸枢螻せず粒粒辛苦良禽は木を択ぶ良工は材を択ばず良賈は深く蔵して虚しきが如し良知良能遼東の豕悋気嫉妬は女の常両手に魚理があれば勝ち、理が無ければ負けるリンゴの実はリンゴの木の近くに落ちる理に勝って非に負ける理を以て非に落ちる流水腐らず、戸枢蝕まず良薬は口に苦く忠言は耳に逆らう
良薬は口に苦く忠言は耳に逆らう | andmorefine
良禽は木を択んで棲む