ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

いつも月夜に米の飯

いつもつきよにこめのめし

毎日が月夜で米の飯が食べられる暮らしが続けば申し分はないという、苦労のない気楽な生活のたとえ。