やせうでにもほね

廋せ腕にも骨


弱い者でも、志を持っているのであなどってはいけないということ。

廋せ腕にも骨 | andmorefine

八百長焼き餅焼くとも手を焼くな薬石効なし焼け野の雉夜の鶴焼け木杭には火がつき易い安物買いの銭失い痩せ腕にも骨宿取らば一に方角二に雪隠三に戸締まり四には火の元柳に雪折れなし柳は緑花は紅やはり野に置け蓮華草藪医者の玄関藪から棒病膏肓に入る病上手に死に下手
病上手に死に下手 | andmorefine
病治りて医師忘る病には勝たれぬ病は癒ゆるに怠る病は気から病は口より入り禍は口より出ず病は治るが癖は治らぬ山師は山で果てる山に躓かずして垤に躓く闇に鉄砲闇夜に提灯病む身より見る目焼きが回る役者が一枚上役者に年なし焼け石に水焼けたあとの火の用心安かろう悪かろう安きを偸む鑢と薬の飲み違い廋せ腕にも骨
廋せ腕にも骨 | andmorefine
奴に髭がないよう宿取らば一に方角、二に雪隠、三に戸締まり、四には火の元柳に風柳の下の鰌藪蛇破れても小袖藪をつついて蛇を出す病は口より入り、禍は口より出ず山に蛤を求む山の奥にも都あり山より大きな猪は出ぬ闇夜に烏、雪に鷺闇夜の提灯槍玉に上げるやーさ悪心、難儀根性家習いぞ外習い山羊とキャベツの両方に気を配らねばならぬやけどした子供は火を避けるЯはアルファベットの最後の文字焼けた後の火の回り柳に風折れなし柳の下の泥鰌闇夜の灯火役者が違う役者が上