ひとにひとくせ

人に一癖


誰でも必ず癖があるということ。


日陰の豆も時が来ればはぜる
日陰の豆も時が来ればはぜる | andmorefine
東雷雨降らず飛脚に三里の灸低き所に水溜まる左鮃右鰈引っ越し三両匹夫も志を奪うべからず未の時に晴るるは雨には蓑笠を脱ぐ匹夫の勇旱に雨日照りの朝曇り人垢は身に付かぬ人跡繁ければ山も窪む人衆ければ天に勝つ人こそ人の鏡人盛んにして神祟らず人盛んにして天に勝つ人酒を飲む酒酒を飲む酒人を飲む一時違えば三里の遅れ人通りに草生えず人に勝たんと欲する者は必ず先ず自ら勝つ人に七癖我が身に八癖人には飽かぬが病に飽く人には添うて見よ馬には乗って見よ人の過ち我が仕合せ人の一寸我が一尺人の苦楽は壁一重
人の苦楽は壁一重 | andmorefine
人の事は我が事人の事より我が事人の子の死んだより我が子の転けた人の七難より我が十難人の短を道う無かれ己の長を説く無かれ人の振り見て我が振り直せ人は落ち目が大事人は盗人火は消亡人は病の器人貧しければ智短し一目惚れ一人口は食えぬが二人口は食える一人娘と春の日は暮れそうで暮れぬ人を射んとせばまず馬を射よ人を怨むより身を怨め人を謗るは鴨の味人を呪わば穴二つ
人を呪わば穴二つ | andmorefine
人を見たら泥棒と思え人を以て言を廃せず火に油を注ぐ比目の魚百尺竿頭一歩を進む百姓百層倍百川海に朝す百戦百勝は善の善なる者に非ず百年論定まる百聞は一見に如かず百里を行く者は九十里を半ばとす比翼の鳥比翼連理貧すれば鈍する貧にして楽しむ
貧にして楽しむ | andmorefine
貧の盗みに恋の歌貧ほど悲しき事はなし美言信ならず美女は命を断つ斧
美女は命を断つ斧 | andmorefine
美味も喉三寸枇杷が黄色くなると医者が忙しくなる貧乏柿の核沢山貧乏難儀は時の回り貧乏人の子沢山貧乏は達者の基貧乏花好き野良木好き貧乏暇なし日陰の梨秘事は睫美女は醜婦の仇
美女は醜婦の仇 | andmorefine
美人に年なし美人の終わりは猿になる美人薄命鼻祖左団扇ひだるい時にまずい物なし匹夫罪なし璧を懐いて罪あり人事言えば影が差す一つ穴の貉人に一癖人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し人の踊る時は踊れ
人の踊る時は踊れ | andmorefine
人の口に戸は立てられぬ人の心は面の如し
人の心は面の如し | andmorefine
人の牛蒡で法事する人の背中は見ゆれど我が背中は見えぬ人の宝を数える人の太刀で功名する人の花は赤い人のふり見て我がふり直せ人の褌で相撲を取る人は言わぬが我言うな
人は言わぬが我言うな | andmorefine
人は故郷を離れて貴し人は十歳木は一丈人は善悪の友による人は盗人火は焼亡人はパンのみにて生くるにあらず
人はパンのみにて生くるにあらず | andmorefine
人は悪かれ我善かれ
人は悪かれ我善かれ | andmorefine
人木石に非ず一村雨の雨宿り一人の文殊より三人のたくらだ
一人の文殊より三人のたくらだ | andmorefine
一人娘と春の日はくれそうでくれぬ人を憎むは身を憎む人を以て鑑と為す微に入り細を穿つ日に就り月に将む火のない所に煙は立たぬ火蓋を切るひもじい時にまずい物なし
ひもじい時にまずい物なし | andmorefine
百害あって一利なし百歳の童、七歳の翁百日の説法屁一つ百日の労一日の楽百年河清を俟つ百八煩悩百様を知って一様を知らず氷炭相愛す氷炭相容れず瓢箪から駒が出る瓢箪に釣り鐘豹は死して皮を留め、人は死して名を留む火を見たら火事と思え牝鶏晨す広場へ行け、相談しろ。家へ帰れ、好きなようにやれ光るものすべて金ならず火吹きの目から天道拝む火にかけた鷹爪花百回聞くことは一回見ることに及ばない、百回見ることは一回することに及ばない人の悪を称するものを悪む豹は死んで皮を留め 人は死んで名を留めるビールの後にワイン、これはお勧めだ。ワインのあとにビール、これはやめとけ貧者が結婚すると夜が短くなる暇になったおかみさんが子豚を買ってきた
暇になったおかみさんが子豚を買ってきた | andmorefine
必要は法など知らぬヒヨコは秋に数えるものだ肘は近くにあるのに噛めない火から炎へ羊と向き合う勇者様、勇者と向き合うお前も羊微に入り細に入り人窮すれば天を呼ぶ美禄百薬の長美女は悪女の敵瓢箪から駒貧すりゃ鈍する貧乏子沢山美の成るは久しきに在り、悪の成るは改むるに及ばず