ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

石に漱ぎ流れに枕す

いしにくちすすぎながれにまくらす

間違えてさかさまのことを言うこと。負け惜しみが強くて、自分の間違いに屁理屈をつけて正当化すること。晋の孫楚が「石に枕し、流れに漱ぐ」と言うべきところを間違えて、言い繕うために「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは耳を洗うため」とこじつけた故事による。