ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

網の目にさえ恋風がたまる

あみのめにさえこいかぜがたまる

綱の目には、普通、風は吹き抜けてたまらないが、恋の風ならたまることがある。遊女は、通常は恋愛の感情を抜きにして男の客の相手をするので恋をすることは滅多にないが、たまには客に本当に惚れることもあるということ。