わざわいはくちから

禍は口から


災いは口から出る言葉によって起こることが多い。口は慎まなければならないという戒め。


我が家にまさる所はない若い時の苦労は買うてでもせよ若木に腰掛けな若木の下で笠を脱げ
若木の下で笠を脱げ | andmorefine
我が家楽の釜盥我が上の星は見えぬ我が刀で首切る我が心石に匪ず転ずべからず我が子自慢は親の常我が身の臭さ我知らず我が身の事は人に問え我が身を抓って人の痛さを知れ
我が身を抓って人の痛さを知れ | andmorefine
我が物と思えば軽し笠の雪禍は口から禍も三年経てば用に立つ禍を転じて福と為す渡りに船
渡りに船 | andmorefine
笑う門には福来たる笑って損した者なし
笑って損した者なし | andmorefine
破れ鍋に綴じ蓋我が糞は臭くなし禍を転じて福となす和して同ぜず
和して同ぜず | andmorefine
渡る世間に鬼はない鰐の空涙藁にも縋る我思う、故に我あり
我思う、故に我あり | andmorefine
我に自由を与えよしからずんば死を与えよわれわれのいないあの場所はすばらしい悪口は襟首にぶら下がらない
悪口は襟首にぶら下がらない | andmorefine
私のいないところで結婚が決められた