るいをます

塁を摩す


敵方の塁をこするほどまでに攻め寄せるということ。転じて、技量や地位などが接近し、ほとんど同じ程度に達するたとえ。


類は友を呼ぶ
類は友を呼ぶ | andmorefine
累卵の危うき塁を摩す留守見舞いは間遠にせよ瑠璃は脆し瑠璃も玻璃も照らせば光る類を以て集まる