ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

仇花に実は生らぬ

あだばなにみはならぬ

仇花は咲いても実のならない花。着実にやらないことは、見かけがよかったり、一時ぱっとしたことがあっても、結局はよい成果を上げることはできないということ。