よるのとんびにあまぐをかすな

夜の鳶に雨具を貸すな


夜、鳶が鳴けば晴れるから、人に雨具を貸す必要はない。


夜上がり天気雨近しよいうちから養生宵越しの茶は飲むな酔い醒めの水は甘露の味酔いどれ怪我せずよい仲の小いさかい揚州の夢用心に怪我なし用心には網を張れ善く泳ぐ者は溺る欲と二人連れ四つ晴れに傘放すな世の中は九部が十部世は回り持ち
世は回り持ち | andmorefine
予防は治療に勝る夜目遠目傘の内嫁と姑犬と猿嫁の朝立ち娘の夕立夜の鳶に雨具を貸すな喜んで尻餅をつく弱気が美人を得た例はない弱り目に祟り目宵越しの金は使わぬ羊質虎皮羊腸羊頭狗肉用に叶えば宝なり様に依りて葫蘆を画くよく泳ぐ者は溺る
よく泳ぐ者は溺る | andmorefine
よく学べよく遊べ預言者郷里に容れられず葦の髄から天井を覗く淀む水には芥溜まる夜長ければ夢見る世の中は三日見ぬ間の桜かないやいや三杯遁げ遁げ五杯読むより写せ嫁が姑になる夜目遠目笠の内嫁と姑、犬と猿横板に雨垂れよいワインに宣伝はいらない汚れた洗濯物は家族で洗わねばならぬ
汚れた洗濯物は家族で洗わねばならぬ | andmorefine
夜は助言を運ぶよく料理されたものを食べろ、澄んだものを飲め、本当の事を話せ夜はどの猫も灰色に見えるより静かに進めば、より遠くまで行ける欲の熊鷹股裂くる酔っ払いには海も膝まで良いことのための悪さがある杖るは信に如くは莫し