むいかのあやめとおかのきく

六日の菖蒲十日の菊


五月五日は端午の節句で菖蒲を、九月九日は重陽の節句で菊を飾るが、節句に一日遅れた菖蒲と菊は役に立たない。そこから、時機に遅れてしまったことのたとえ。


六日の菖蒲十日の菊昔千里も今一里昔の剣今の菜刀昔は昔今は今婿は座敷から貰え嫁は庭から貰え虫の居所が悪い
虫の居所が悪い | andmorefine
娘三人は一身代娘三人持てば身代潰す胸三寸に納める胸に釘六日の菖蒲、十日の菊昔取った杵柄百足のあだ転び麦飯で鯉を釣る無念無想無理が通れば道理引っ込む無理も通れば道理になる無為はあらゆる不道徳の母鞭で斧は砕けない