みにすぎたかほうはわざわいのもと

身に過ぎた果報は災いの基


分不相応の幸せは災難を招くことになりやすいから、気をつける必要があるということ。また、自分に合う程度の幸せがよいという意味もある。

身に過ぎた果報は災いの基 | andmorefine

木乃伊取りが木乃伊になる
木乃伊取りが木乃伊になる | andmorefine
身修まりて後家斉う身から出た錆御輿を上げる水に燃えたつ蛍水の恩ばかりは報われぬ水を乞いて酒を得る味噌を付ける見たと嘗めたは大違い三たび肱を折って良医と成る三度吾が身を省みる三日天下身に過ぎた果報は災いの基
身に過ぎた果報は災いの基 | andmorefine
見ぬが花見ぬは極楽知らぬは仏見ぬ物清し蓑笠はてんで持ち身の程を知れ耳の楽しむ時は慎むべし見目は果報の基見るは法祭身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ見栄張るより頰張れ右から左見ざる聞かざる言わざる水到りて渠成る水清ければ月宿る水心あれば魚心水積もりて魚聚まる水と油水の泡となる水は方円の器に随う水を得た魚のよう身銭を切る三日見ぬ間の桜三つ子の魂百まで満つれば虧く実の生る木は花から知れる導き手、ご主君、お師匠様短さはウィットの魂だミールごとに糸を持ち寄れば、裸の人にシャツを作ってあげられる港口で船を破る水の泡身を切る