ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

明日ありと思う心の仇桜

あすありとおもうこころのあだざくら

明日も咲いているだろうと安心している桜も、夜中の嵐で散ってしまわないともかぎらないという意。人生の無常をいったもの。また、明日があると思って油断していると機会を失ってしまうということにもたとえる。