ふうふはにせ

夫婦は二世


夫婦の縁は現世だけでなく来世までのものという意味。


富貴天に在り富貴には他人集まり、貧賎には親戚も離る富貴は浮き雲の如し風樹の歎夫婦喧嘩は犬も食わぬ夫婦喧嘩は貧乏の種蒔き夫婦喧嘩も無いから起こる夫婦は合わせ物離れ物夫婦は他人の集まり
夫婦は他人の集まり | andmorefine
夫婦は二世覆水盆に返らず覆轍河豚食う馬鹿河豚食わぬ馬鹿河豚食う無分別食わぬ無分別河豚汁や鯛もあるのに無分別河豚にもあたれば鯛にもあたる巫山の夢夫唱婦随負薪の憂い布施ない経に袈裟を落とす不足奉公は双方の損淵に臨みて魚を羨むは退いて網を結ぶに如かず
淵に臨みて魚を羨むは退いて網を結ぶに如かず | andmorefine
船に懲りて輿を忌む船を沈め釜を破る父母の恩は山よりも高く海よりも深し文はやりたし書く手はもたず冬の雪売り古川に水絶えず粉骨砕身分別過ぎれば愚に変える分相応に風が吹く風雲急を告げる風流は寒いもの笛吹けども踊らず覆車の戒め腹心を布く不俱戴天河豚は食いたし命は惜しし富士の山ほど願うて蟻塚ほど叶う武士は食わねど高楊枝豚に真珠淵に雨普天の下率土の浜文は遣りたし書く手は持たず不身持ちの儒者が医者の不養生をそしる冬編笠に夏頭巾蜉蝣の一期冬来りなば春遠からじ降らぬ先の傘降りかかる火の粉は払わねばならぬ古い友達と古い葡萄酒に勝るものなし故きを温ねて新しきを知る付和雷同刎頸の交わり踏んだり蹴ったり糞土の牆は杇るべからず分別過ぐれば愚に返る分別なき者に怖じよ不可能という語はフランス語にはないフェドートだけど本人じゃない普天率土豚もおだてりゃ木に登る服装で迎え入れられ、知恵で追い出されるふるいの中にモスクワを見せる刎頸の友舟を陸に推す巫山の雲雨懐を痛める