ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

足駄をはいて首ったけ

あしだをはいてくびったけ

高い下駄をはいても首のあたりまで沈むほどの深みにはまる意から、恋のとりこになり、夢中になるたとえ。