ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

風樹の歎

ふうじゅのたん

木は静かにしていたいと思っても、風が吹きやまないために思うようにならないということで、親孝行をしようと思ったときには、すでに親は死んでいて孝養をつくすことができないという歎きのたとえ。