のぼりだいみょうくだりこじき

上り大名下り乞食


京への旅は、行きは旅費も十分あるのでぜいたくをするが、帰りは使い果たしてみじめな旅になるということで、旅をする者の一般的な傾向を言ったことば。


能書きの読めぬ所に効き目あり能事畢る退けば他人残り物に福がある後の千金上り大名下り乞食鑿と言えば槌蚤の夫婦飲むに減らで吸うに減る乗りかかった船伸るか反るか能ある鷹は爪を隠す
能ある鷹は爪を隠す | andmorefine
能書筆を択ばず残り物には福がある熨斗を付ける喉元過ぎれば熱さを忘れる上り坂あれば下り坂あり上り坂より下り坂蚤の小便蚊の涙蚤の眼に蚊の睫暖簾に腕押し