ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

能書きの読めぬ所に効き目あり

のうがきのよめぬところにききめあり

薬の効能書は、理解できない難解なことが書いてあったり、読めないような細字でぎっしり書いてあるところが、かえってその薬に効き目があるように思わせるということで、物事はすべて見えてしまうとありがた味が薄れることのたとえ。