ANDMOREFINE
ANDMOREFINE

盗人にも三分の理

ぬすびとにもさんぶのり

盗人が盗みを働くにも、それなりの理屈があるということ。どんなことでも、理屈がこじつけられるたとえ。