てんはみずからたすくるものをたすく

天は自ら助くる者を助く


天、あるいは神は、他人の助力を頼みとせず、自分自身で努力する者に力を貸してくれるということ。


亭主関白の位亭主三杯客一杯亭主の好きな赤絵帽子貞女立てたし間男したし貞女は両夫に見えず手が明けば口が明く手が明けば口か明く手が入れば足も入る梃子でも動かぬ手酌貧乏鉄心石腸鉄は熱いうちに打て手鍋下げても手の舞い足の踏む所を知らず天下は回り持ち天下分け目天機泄らすべからず天高く馬肥ゆる天の与うるを取らざれば反ってその咎めを受く天の時は地の利に如かず天は自ら助くる者を助く天を恨みず人を咎めず泥中の蓮田鼠化して鶉となる田父の功敵は本能寺にあり敵を見て矢を矧ぐ手塩にかける
手塩にかける | andmorefine
出遣いより小遣い徹頭徹尾鉄面皮手八丁口八丁出日拝む者はあっても入日拝む者はなしてらつつきの子は卵から頷く手六十手を拱く手を翻せば雲となり、手を覆せば雨となる天から横に降る雨はない天機洩らすべからず天空海闊天災は忘れた頃にやって来る天井から目薬転石苔を生ぜず椽大の筆天高く馬肥ゆる秋天地、夏冬、雪と墨点滴石を穿つ天道様と米の飯はどこへも付いて回る天に口なし人を以て言わしむ天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず天の美禄天罰覿面天の星取り手の中の雀は、屋根の鳩よりもよい天は苦心の人に負かず手が手を洗う