ことわざ

悪口は襟首にぶら下がらない | andmorefine

悪口は襟首にぶら下がらない

悪口は無視してしまえば痛くも痒くもない。他人の悪口なんてどうせ言葉だけなんだから気にするな。

同気相求む | andmorefine

同気相求む

気の合う者同士は、おのずと寄り集まるということ。

頭でっかち尻つぼみ | andmorefine

頭でっかち尻つぼみ

始めは威勢がよいが、しだいに勢いがなくなりみじめな結果になること。

穴を掘って言い入れる | andmorefine

穴を掘って言い入れる

人に言えない辛いことなどは、穴を掘ってその中で思いきり吐き出せば気持ちが楽になるということ。

空樽は音が高い | andmorefine

空樽は音が高い

見識の浅い、中身のない人間ほど知りもしないことを得意になってしゃべることのたとえ。 空いた樽をたたくと高い音を立てることから。

棒ほど願って針ほど叶う | andmorefine

棒ほど願って針ほど叶う

棒ほどに大きな願いをもっていても、実際には針ほどの大きさだけ叶えられるということで、世の中は願い通りにはいかないものであることのたとえ。

備えあれば憂いなし | andmorefine

備えあれば憂いなし

日頃からきちんと準備をしておけば、事が起こっても心配することはないということ。

蒔いた分は自分で刈り取れ | andmorefine

蒔いた分は自分で刈り取れ

自分が原因となったのなら自分で責任を取れ。

我思う、故に我あり | andmorefine

我思う、故に我あり

世の中の全ての存在を疑うことができるが、そのように意識している自分の存在は疑うことができないということ。

能ある鷹は爪を隠す | andmorefine

能ある鷹は爪を隠す

すぐれた才能や能力のある者は、力量をむやみに誇示したりはしないということ。

木乃伊取りが木乃伊になる | andmorefine

木乃伊取りが木乃伊になる

人を連れ戻しに行って連れ戻される立場になったり、説得しようとした者が説得されてしまうことのたとえ。

言うは易く行うは難し | andmorefine

言うは易く行うは難し

口で言うのはたやすいが、それを行動にするのはむずかしい。

善悪は友による | andmorefine

善悪は友による

人は交友関係によってよくも悪くもなるということ。

選択を行うものは、苦痛を味わう | andmorefine

選択を行うものは、苦痛を味わう

選択の自由には、苦労がついてまわる

痛い上の針 | andmorefine

痛い上の針

痛い所にさらに針を刺す意で、悪い出来事が重なるたとえ。

家では壁まで助けてくれる | andmorefine

家では壁まで助けてくれる

我が家ほど良い場所はない

目は口ほどに物を言う | andmorefine

目は口ほどに物を言う

言葉にしなくても、目の表情で相手に気持ちが伝わるということ。

一寸の虫にも五分の魂 | andmorefine

一寸の虫にも五分の魂

人はだれでも、その人なりの意地や考えをもっているものだから、どんなに小さい弱い者でも軽視できないことのたとえ。また、自分の意地などを示すときにいうことば。

所の神様ありがたからず | andmorefine

所の神様ありがたからず

身近にあり、よく知っているものはありがたみが薄くなってしまうこと。

老い木に花咲く | andmorefine

老い木に花咲く

一度は年をとって衰え弱ったものが、再び取り戻すこと。